就活例文

お客様目線で会話ができることが私の強みです。学生時代はドラッグストアでアルバイトをしていました。数多くの商品の配置、在庫、効能などを把握していたのはもちろんですが、私がお客様からの信頼を得るために行っていたことは、「実際の使用シーン」を想定したお客様の商品選びのお手伝いです。例えば一口に胃腸薬と言っても何種類も存在します。以前にご来店された方は、二日酔いに効く胃腸薬をお探しとのことでした。ご希望に合った胃腸薬のご案内はもちろんですが、お話をお伺いしたところ「突発的な飲み会が多くて、いつも二日酔いの薬にお世話になるんだよ~。」との事。それならばと、水なしで持ち運びも楽な胃腸薬のご案内もしたところ大喜びでご購入いただき、それ以降は当店のファンになっていただけたご様子で、胃腸薬に限らずシャンプーやペットボトルのドリンクなど日常的な商品もご購入いただけるようになりました。このように、マニュアル的な接客ではなくお客様にあった目線での接客は御社での業務にも活かせると考えております。

少しインパクトに欠ける内容ですね。

悪くはないのですが、印象に残らないというのが正直な感想です。アルバイトをエピソードにするのはいいのですが、他とかぶりやすいのが欠点です。

なので、どうやって差別化できるか?を考えて作成するように意識しましょう。