就活例文

私はコツコツと継続し続ける継続力があります。具体例としては英語の習得です。大学に入学した際にTOEICのテストを受けると520点という点数でした。それから、危機感を感じたのでコツコツと毎日英語に取り組みました。例えば、毎日英語のニュースを聞いたり、英文を読んだり、またそういった受け身な学習だけではなく実際に外に出て外国人の友達を作りそういった人たちと実際に会話するということを2年ほど続けました。そしてその結果TOEICの点数は850点まで上がりました。特に苦手であったリスニングで効果が大きく前回は210点だったのですが、そこから460点まで上がりました。コツコツと努力を2年間続けることでここまで自分で成長できるということを感じました。この強みをいかして弊社でも必要なスキルを身につけ、弊社の力になれるように頑張っていきたいと思っています。

私の強みは継続力があることです。マイナスな出来事があっても逃げずに継続する力があります。私は学生時代吹奏楽部に所属していました。楽器の練習はもちろんですが体力もなければすぐにばててしまいます。そこで私は毎日腹筋背筋をするようになりました。最初はすぐにやめてしまいそうになりました。すぐに効果は現れませんし、慣れない運動できつかったからです。しかし私は継続させるために毎日継続ノートをつけてこれだけやったなどの感想をつけるようになりました。また友人なども誘い、毎日報告をし合い士気を高めていきました。それもあってか毎日筋トレを続け、その成果が楽器を吹く際にも現れ、顧問に褒められたり、パートリーダーになることもできました。私はこの継続する力を活かして、御社ではたとえ辛いことやきついことがあっても仕事に対して継続する力を持ち、仕事での成果を出していきたいです。そして御社の成長に貢献していきたいです。

「継続力」は自己PRの定番のアピール例ですね。企業も長く働いてもらえる人材を求めていますし、仕事をする上でも必須のスキルと言えますからね。

ただ、多くの方がアピールする分、「本当に継続力があるのか?」と面接官に疑いの目を向けられるのも事実です。

なので、継続力を発揮したエピソードは複数用意しておくのが無難ですよ。

自己PRはこうやって作れば簡単にできる!

転職例文

私の強みは継続力です。私は一年前からダイエットを始めました。前の職場の人たちには「絶対続かないよ。そんなこと無駄だ」と言われていました。そう言われて悔しかったこともあり、私は一年間努力を重ねました。しかし途中で心が折れそうになることもありました。「もうこんなことやめてしまおうか」と思ったこともありましたが、自分のモチベーションが下がらないようにトレーニングの内容を工夫し、専門の方にアドバイスをいただいたりするなどして結果的に一年間で15キロ痩せることができました。私が一年間努力を重ねてダイエットしたことは無駄ではなかったと思います。私自身、この経験を通して「こんな私でも続けてやれば目標は達成できるだ」と感じることができました。例え途中で挫けそうでも頑張れば新しい世界が開けるんだと実感しました。御社でも何事も諦めずに努力を続けて、ときには先輩方に教わりながら、新しい世界をどんどん見ていこうと考えております。

この自己PRは大きな勘違いをしていますね。

転職の自己PRであるなら、エピソードはダイエットではなく前職の経験で構成するのが通常です。

残念ですが、レベルの低い自己PRと言わざるをえないです。こんな内容では選考も通過できないので、必ず前職の経験を元に作成するようにしてください。