就活例文

私はとあることがきっかけで今回応募させて頂きました、私の学生時代に祖父が倒れ入院してしましました祖父が倒れた同時刻に祖母は近所のスーパーで働いていたのですが、祖父が倒れたと連絡を受け自転車で勤務先から急いで病院に向かっていました、勤務先から病院までは結構距離があり祖母の体力では大変でした、それでも一生懸命自転車をこいでいると車道から「お母さんそんなに急いでどうされましたか?」と声をかけられ、自転車を止め横を見るとパトカーに乗った警察官がいました、祖母は「旦那が倒れて急いで病院に向かってます」と答えペダルに足をかけようとすると警察官が「さしあたってこの自転車はここに置いてて構いません病院まではまだ距離がありますのでこのパトカーで病院までお送り致します」祖母はパトカーに乗り病院へ向かったそうです、祖母からこの話を聞いたとき感動し「私もそんな警察官になって色んな人を助けたい!」と思い今回に至ります、私も祖母から聞いた警察官のようになり社会に貢献させて頂きたく思います。

結論から言うとダメですね。自己PRはアピールすることです。上記は、志望動機になっています。

それに、最初の「とあることがきっかけで」という文章もおかしいです。「とある」のような指示語は使わないでください。結論は非常に大事なので、端的にメッセージを伝えてください。