就活例文

「気配り」ができることが私の持ち味です。学生時代ブライダルのアルバイトをしていた私は、いかに「素敵な結婚式にするか」ということについて気を配ってきました。アルバイトスタッフのメインの仕事は招待客のおもてなしです。式の進行表を見ながら、妨げにならないよう常に気を配りながら行ってきました。料理を運ぶ所作、飲み物を尋ねる時の声のボリュームやタイミング、一挙一動がスムーズかつさりげなく行われるよう心がけました。また、仕事をする中で、テーブルの上のお皿の位置、テーブル札の方向など、一目見ただけでは分からないような細かい所まで気を配ることが素敵な結婚式を作るためには大切だということを学びました。この強みを生かして御社では、お客様と気持ちの良いお取引ができるよう常にお客様の気持ちを考え、気を配っていきたいと考えています。お客様がどうすれば喜んでいただけるのか、些細なことにも目を向けていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

細かいですが、「」は使う必要はないです。文字数の関係もありますし、とにかく強調したい!という以外は、極力「」は使わないようにしましょう。

それと、エピソードが無難というかよくありがちな内容になってしまっています。ブライダルのバイト経験がある方の大半は上記のような内容になりがちです。

しっかり、どうやったら差別化できるか?を考えて作成するようにしましょう。