就活例文

気遣いが出来る人と出来ない人では、仕事の出来が大きく変わってくると思います。人はさまざまで、先頭に立って活躍する人、裏方で活躍する人などがおり、それぞれちょっとした気遣いでうまく行ったり、行かなかったりします。また、物事の言い方でもちょっとした気遣いで大きく理解度が違ったり、きつい内容のことでも了解を得ることが出来たりします。組織(会社)で仕事をする場合、一人だけでするということはなく、それぞれ業務分担などがあり、それを統合して会社の仕事となる訳です。時には、自分の仕事が早く終わった場合、まだ終わってない人を手伝ってあげるとか、苦手な業務が分担されて困っている人がいたら代わってあげるとか、そうゆう気遣いが仕事が出来る強い組織(会社)を造るのだと思います。日頃から、そうゆう気遣いが出来る、余裕を持った仕事の仕方をするように心がけております。気を遣ってあげて気を悪くする人はいないと思いますので。

気遣いができることをアピールしたいのでしょうが、全く伝わってこないです。ダメですね。全然ダメです。全てがダメです。

自己PRとは、企業に向けてアピールすることです。上記は何のアピールかよく分かりません。何を伝えたいかも分かりません。学生時代のエピソードも一切ないですし論外です。

こんな自己PRは作らないようにしてください。