就活例文

英語力には自信があり、海外の人々とのコミュニケーション能力も備えていると自負しています。学生時代に交換留学生として1年間オーストラリアに留学しました。ヨーロッパや南米、台湾やインドネシアなどのアジア諸国のクラスメイトと出会い、親しい友人となりました。異なる文化を持った人々と親しくなるには、考え方を柔軟に保ち、心を開き、相手に好奇心を持って接することが大切であると学びました。その友人達とは現在でも連絡を取り合っており、世界各国の社会情報にも常に興味を持っています。また、姉がアメリカ人と結婚しているので、普段から英語を話す機会に恵まれており、留学から数年経った現在でも英語力は全く衰えていないと思っています。英語を使った事務や書類作成などのデスクワークだけに留まらず、海外からの電話や来客の応対などでも、留学で培った経験とスキルを役立て、自分自身も更に成長していきたいと考えています。

留学をエピソードにされる方は多いですが、英語力というアピールをするのはやめたほうがいいかもしれませんね。

英語力は大前提として考え、他のことをアピールした方がいいです。エピソードから英語力があるのは分かるわけですからね。意識しましょう。