就活例文

目標を達成できるように努力することが私の持ち味です。私はいつも目標を設定してから、それを達成するためにどのような努力をすればいいのか考えてから行動します。私は大学時代のテストでは、毎回目標を設定していました。私は、毎回そのテストごとにどれくらいの点数を取るのかを紙に書いてからそれを部屋に張ってから、勉強をしていました。勉強をしていると辛いこともありますが、その紙を見てから目標を達成するために私は必死に勉強をしていきました。その目標はどれも高いものだったので、細かい知識もしっかりと頭に詰めていくようにしました。そのおかげで大学時代には学部で常にトップの成績をとることができました。目標達成できた時の、うれしさはなかなか忘れることができません。私は、この強みを活かしてから、御社では常に目標を達成できるように仕事をしていき、貢献していきたいと思います。常に高みを目指すために目標は常に高く設定したいです。

本当にアピールしたい部分とエピソードがずれている印象はありますが、常に学部でトップの成績というのは素晴らしいですね。

他のエピソードも聞きたいなと読み手も思うことでしょう。やはり、数字や結果はごまかしようがないので差別化する上で非常に効果的です。

なので、可能な限り数字や結果は盛り込むようにしましょう。