就活例文

私は、柔軟性を強みにしています。この力は、家庭教師のアルバイトで2年間継続して発揮しました。はじめは、マニュアル通り、学校の授業と並行させた指導を6か月行いました。しかし、自宅での学習習慣が身につかず、テストで結果がでませんでした。そこで、生徒や保護者の方、派遣会社の方と、積極的にコミュニケーションを取りました。これは、生徒の苦手な部分の理解はもちろん、生徒の性格や生活習慣など、勉強以外の側面も知るためです。そして、生徒に合った勉強法や、自宅での学習計画を自ら提案しました。具体的には、指導時間外に行う宿題プリントを毎回作り、同内容について毎回の授業で確認テストを行いました。成績を上げる、という使命感のもと、自身の提案した方法に自信を持ち、継続しました。すると、1年後の定期テストで、5教科合計点が150点もアップしました。以上のように、壁にぶつかっても柔軟に対応できることが私の強みです。御社でもこの力を十分に発揮し、困難に立ち向かった時にも柔軟な対応をして、結果を残したいです。

「壁にぶつかっても柔軟に対応できる」というのが一番伝えたいセールスポイントとは思いますが、エピソード内容に壁らしき内容がないですね。

アピール内容とエピソード内容は必ず一致させるよう意識してください。

自己PRはこうやって作れば簡単にできる!

転職例文

私は、これまで、事務職やアポインター、システム、介護、ピアノ講師など、多方面で仕事を行ってきました。一時期に、ニーズに応じて、掛け持ちで行っていたこともあります。事務職では、最初、会社を立ち上げるためのスタッフとして入社したのですが、経理の仕事の合間に、設計の仕事も対応するようになり、時間がある時には、現場周りの仕事も行ってきました。システムでは、自分だけでパソコン作業を行う仕事かと思っていたのですが、それを指導する側にもなるように対応してきたこともあります。介護では、利用者の希望に応じて、身体から家事まで対応するようにしてきました。どこの仕事も、始め行っていたことからスライドして、変更が生じたり、新たな分野への幅を広げて、仕事を行う必要が生じてくることは多いと思いますので、そうした変化にも、柔軟に対応していけるように、自分をいつも整えておきたいと思っています。

前職などで培ってきた柔軟性を、転職先の仕事のどういう部分で活かせるのか?を書かないとダメですね。

自己PRは「御社に◯◯で貢献できます!」と伝えることが重要です。それを忘れてはダメですよ。