就活例文

コミュニケーション力があることが私の持ち味です。私は常に人とコミュケーションをとっていくことが大事だと考えてきました。私は大学時代に野球部の部長をしていました。野球部の部長を始めた理由としては、自分の得意であるコミュニケーション能力を使ってから、楽しくて、みんなが部活をしやすい環境を作っていこうと思ったからです。だから私は部長として、普段から、部員に声をかけてから最近の様子などを聞いてから、一人一人のことをチェックしていきました。もちろん上級生や下級生関係なく話しかけていってから、部員が部活をしやすい環境を作るために頑張ってきました。そのおかげで私の野球部は地方の大会で優勝することができました。私はこの強みを活かしてから、御社では常に多くの人とコミュニケーションをとっていきたいと思っております。特にお客様とコミュニケーションをとっていくことで、信頼していただけるような社員になっていきます。

私はどのような状況でもコミュニケーションをとることを大切にしています。以前、アルバイト先ではバイトリーダーとして従業員間の調整役として努めてまいりました。具体的に、業務中にあったことの報・連・相を徹底し、それを全員で共有したいと思い、連絡ノートを作成しました。それは、各シフトごとに日誌のような形で書き留め、業務に入る前に必ず全員が確認するようにしました。また、それぞれのシフトごとに定期的にミーティングを開くことを決め、シフトの代表が更に集まって話し合う場を作りました。議題を提示し、各シフトの考えを共有することで、問題点や課題がたくさん見つかりました。連絡ノートとミーティングを導入した結果、各シフトでの業務のばらつきがなくなり、一貫したサービスを提供できるようになりました。最初はお客様のために考えたことでしたが、結果的に私達従業員がより働きやすい環境を作ることが出来ました。御社でも、業務の効率化のためにコミュニケーションをとることを大切にし、売上に貢献したいと思います。

コミュケーション能力があることは、正直アピールとして使うのはオススメではないですね。

なぜなら、コミュケーション力というのは実際会ってみて判断できるものだからです。

なので、アピールするとしたらコミュニケーション力をもっと細分化にしてアピールした方がいいですね。

「具体的には、人を元気づけるコミュニケーションを意識してきました」とかですね。

自己PRはこうやって作れば簡単にできる!

転職例文

私の強みはコミュニケーション能力が長けている点です。私は人見知りを一切しません。このような性格ですので、初めてお会いする方とも自然にお話しができます。前職では販売業をしており、お客様とも積極的に会話をしていました。お客様の中には私のことを友人のように思ってくださる方もいて、「今日は◯◯ちゃん(私)がいると思って来たよ」と声をよくかけていただきました。お客様と積極的に会話することで、お客様から「前から思ってたんだけどここのお店もっとこうしたら良くなると思うよ」と店舗のアイデアをもらうこともできます。また初めて来られたお客様に商品の提案をすると「初めてきたけど、あなたが教えてくれたから納得して買えたわ」と嬉しいお言葉をもらったこともあります。この強みは御社でも生かせると考えております。この強みを生かして取引先やお客様から「あなたには話せる」と思ってもらえるような人でありたいと考えています。

自分の長所はコミュニケーション能力です。いかにして自分の好きな仕事を行って多くの事を学んでいけるかは社会人としての高い成長を目指していく上で大変重要な要因となるのです。普段から自分のスキルアップを物理的にこなしていく事もとても重要な事となるのですが、それに加えて私の長所は高いコミュニケーション能力にあるのです。以前までの職場は製造業の生産管理の部署でした。適切な生産管理計画をいかにして立案して自分達の部署の収益を上げるかは大変重要な事となるのです。いかに情報の共有の大切さを強く認識するかはとても重要な事となるのです。顧客からの受注を正確に現場に伝えもれなく発送まで行っていけるかどうかは大変重要な事となるのです。原価低減が叫ばれている中でいかにしてスピーディーな対応ができるかは日頃からの自分達のコミュニケーション能力と大きく関係してくるのです。今回貴社でもこのような能力を活かして最適な仕事を行っていきたいと考えています。

転職では就活よりも、コミュニケーション能力をアピールする必要はないように思えます。

「あって当然」という認識の面接官が多いですからね。