就活例文

介護職は体力勝負なところがあると思います。同時に、利用者様のために役に立ちたい、自分の能力を活かしてどんな小さなことでも力になりたいと言う思いも大切だと感じています。私の体力は人並み程度ですが、常に周囲に気を配り、どなたとも臆せずにお話しできること、行動に移せることが強みだと思っています。私は祖父母と同居しており、親族に介護が必要な人がいたので偏見を持たずに育ったと自負しています。また通っていた幼稚園が高齢者施設へ慰問する機会を設けていたため、自然とお年寄りの方と触れ合うのが好きになりました。そうした経緯もあり、介護福祉学科のある高校に進み、施設実習などを経て介護福祉士の資格を取得しました。介護士としてのスキルはこれからだと思いますが、これまで経験してきたことは決して無駄にはするまい、必ず役に立つと信じています。もしこちらでお仕事をさせていただけることになりましたら、利用者様のお話を傾聴し、自立やリハビリを妨げない程度に見守りながら支えになれるよう、気配りを続けていきたいと思います。

介護職に合わせたいい自己PRになっていますね。

自己PRで大事なのは、仕事で活躍してくれそうか?をイメージさせることです。

そういう意味で、上記の自己PRは合格点ですね。