就活例文

私は現状に満足せず、常に高みを目指す人間です。大学時代の実習で、ある失敗をしてしまってから、私は変わりました。実習初日から厳しさを痛感し、中身や内容よりも、いかに実習を無事に終了するかという点に重点を置いてしまっていました。途中で、教えていただいたことに対しても、受け身になり、ただ納得して終わっている自分に気づいたのです。その時から、「実習は自分のためのものだ。自主的な態度で臨んで、吸収して帰るぞ」と決断し、事前準備はもちろん、常に疑問を持つことを意識するようになりました。自分からより貪欲に行動することで、理論や方法等の当たり前な内容だけでなく、実際の実践を深く学ぶことが出来ると痛感しました。義務感を感じながら行動するのではなく、自ら「やりたい。もっと違う方法がある」と思うことによって、充実度や習得できる内容の質も変わってくると学びました。御社でも、自らが主体的に行動し、常に前へ前へと突き進んでいきたいと思います。

何の実習化が分からないので読む気がなくなってしまいます。

アピールする以前に、基本的な日本語力も自己PRでは重要ですよ。